フラメンコギターの研究

  

フラメンコギターを聞く人は少ない、弾く人は更に少ない。だからフラメンコギターの情報は、あまりにも少なく、誤解やデタラメもある。そこでフラメンコギターについて、私が知っていることと、今では入手が難しい資料をフラメンコギターに関心を持ち始めた人、やってみようという人のために、公開して行こうと思う。

ネット上にあるフラメンコギターの情報(ブログ、動画共有サイトなど)には、間違いが多く、折角フラメンコギターをやってみようという気になった若い人をミスリードすることになるのではないか。そのことが、還暦を過ぎたオヤジを「何とかしないと」という思いにさせたのです。一人でも多くフラメンコギターを聞く人、弾く人を増やしたい。うまいギタリストになって頂きたい。それが私の願いであり、このサイトのテーマです。

フラメンコギターは難しいか、ギターを弾くことが好き、楽しい、気持いい人に難しいことがあるでしょうか。ひとつひとつフラメンコギターのテクニックを覚え、有名なギタリストと同じ音が出せるようになることの嬉しさ、コンパスに乗って短いフレーズを弾けるようになる。その楽しさと喜びを得るためには努力が必要です。無論、その努力は楽しい努力であるはずです。フラメンコギターは難しいかどうかは、やってみなければわからないのです 。

フラメンコギターをやりたいと言う人は、ビセンテ・アミーゴ、トマティート、パコ・デ・ルシアなどの演奏を聴いて、あんな風に演奏出来たらいいな、いや是非やってみたいと思う人だろう。又、ジプシーキングスのギターにあこがれる人もいるのでしょう。しかし、フラメンコギターは色々なテクニックを駆使して演奏されますから、それだけ多くの練習が必要です。