親指の奏法・フラメンコギター奏法の研究


フラメンコギタリストの右手親指にはタコが出来ている(硬化している)。何故か、・・・。そういうものです。そういう弾き方をしているからです。フラメンコギターの奏法とは、そういうものなのです。フラメンコギターでは親指は”主役”です。ですから、低音弦は勿論、高音弦まで充分練習して下さい。あざやかな親指の動きはフラメンコギタリストの特徴です。

親指(P指)の弾き方(単音・和音)

フラメンコギター奏法の親指はクラシックとは違って、爪から少し離れたところから弾き始めて最後に爪に当たるように弾くのである。(爪に引掛けるのではない)親指にタコが出来るのは、この奏法を練習した結果だ。この少し離れてというのは人によって違うかもしれないが、だいたい5ミリ程度はなれたところと一応言っておこう。6弦を弾いた時、5弦に当てて止める。当てるのは弾き始めの位置。同じように5弦を弾く時は4弦に当てて止める。ブリッジに近い所を弾く。(動画で確認して下さい。)これで力強く、ハッキリした音が出る。フラメンコギター独特の音である。親指だけで弾くときは他の四指は弦の上ではなく、表面板の上にあり、しかも指先を表面板に着けて、手を安定させていることを動画でチェックしてください。ピックでギターを弾いた経験のある人は、特に注意してください。クラシックギターの経験者は五指が常に弦の上と言う癖がついていますから矯正する必要があります。

コードを弾く

1.低音弦から高音弦を素早く弾く、ゴルペを伴うこともある。

2.高音弦から低音弦に向かって、爪の外側で弾く。(アルサプーア)

親指の爪

親指の上から下への奏法で重要な事は、爪に引掛けるのではないということです。従って爪は短く削っておく必要があります。この点はクラシックギターとは異なる点です。

アポヤンド奏法

アポヤンド奏法というのは、親指、ピカードで弦に当てて止めると説明した奏法である。クラシックギターにもあるので、同じ奏法だと思っている人も多いはず、しかし、解説したようにフラメンコ独特のアポヤンドである。親指と他の指では、別の解説が必要なのです。

パコ・デ・ルシアの動画

パコ・デ・ルシアの動画の中にある「アルモライマのファルセータによるブレリア」を見てください。”フラメンコギターの親指は、こんな風に弾くのだ”という感じの動画です。フラメンコギターを学ぶには、最高のギタリスト、パコ・デ・ルシアを見習うことが一番の道だと思いませんか。