サビーカス フラメンコギタリスト

サビーカス(サビカス)

サビーカス(1912~1990)はスペイン北部パンプローナ出身のジプシー、本名はアウグスティン・カステリオン・カンポス。スペイン戦争(1936)を避けて、メキシコへ、更にアメリカに渡って、活動、日本ではパコ・デ・ルシア登場まで、フラメンコギターを代表するギタリストであった。アメリカ人の聴衆のために弾いたギタリストであったから、フラメンコの純粋性については疑問が残る。だから日本でも受け入れられたとも言える。ただ、一度だけスペインに帰り、イスパボックス社で録音したアルバムは、他のアルバムとは違って”フラメンコそのもの”と言える演奏であった。優れた音楽家であり、ギタリストであった。フラメンコギターを世界に広めた功労者でもある。

ギタリスト名鑑サビーカスの動画